FRPタンク点検(劣化診断)

FRP製耐食機器の寿命は、材料選定に始まり、製作方法、使用条件、操作条件により異なります。

ご依頼・お問合せ
矢印    
点検可能な機器かどうか、まずはお問い合わせ下さい。

基本的に、液抜、洗浄済みの状態で、
タンクの内面、外面を目視検査出来る状態で、
検査を行えるようにお願いいたしております。

点検1
検査
矢印 ①内面、外面を目視検査

※JIS K7012 ガラス繊維強化プラスチック製耐食貯槽
FRPS 強化プラスチック製耐食機器に関する性能検査指針に基づく

割れ(クラック)、ひび割れ
剥離
変色・脱色
ふくれ(ブリスター)
損耗
白化
膨潤
溶出 他

②膜厚検査  製作時の検査記録があれば、ご提示願います。

③硬度検査  ①②で劣化や損傷が見受けられた場合に行います。

必要に応じ、母体切り出しによる強度検査も行います。
点検1
点検結果報告書を提出    
矢印
各項目ごとに等級を判定し、見解を報告します。

※右図、点検結果報告書の例をご参照ください。
点検結果報告書1 点検結果報告書2
 
点検結果報告書
補修、交換のご検討  

点検の結果、劣化が認められた場合には当然、交換、全面補修を推奨いたしますが、
使用上危険を伴わない場合には、表面の劣化部分や、何らかの原因で損傷を受けた
箇所のみを定修時に補修し、継続して使用されているケースもあります。

FRPタンクを長く、安全に使用していく為に、点検を行った上で、メンテナンス計画
を立てられることをおすすめいたします。


劣化診断の例

ノズル付け根の腐食

[ 内面点検結果例 1 : ノズル付け根の腐食 ]
部分的に薬品の浸透、樹脂の溶出が進行し、ガラス繊維が露出しています。薬品の漏れの危険があります。要補修の段階です。

接合部の剥離

[ 内面点検結果例 2 : 接合部の剥離 ]
本体の側面と底板の接合部が劣化し剥離をおこしています。接合部をオーバーレイして必要な強度を復活させる必要があります。

タンク外面の損耗

[ 外面点検結果例 1 : タンク外面の損耗 ]
長年に渡る屋外使用のため、紫外線や雨風の影響で、外面の劣化、損耗がすすんでいます。内面からもしっかりと点検の上、強度に問題がなければ、外面トップコート補修をおすすめします。

内面腐食

[ 外面点検結果例 2 : 内面腐食 ]
白い部分は、内面が薬品で腐食している箇所です。外面からもこれだけ分かるのはかなり危険な状態です。内面からも点検し早急な対策が必要です。

製作部門

  • FRP薬品タンク
  • FRP食品タンク
  • その他FRP機器

工事部門

  • FRPライトニング工事・FRPタンク補修
  • タンク入替工事
  • ブラケット交換(耐震補強)工事例
  • FTPタンク 据付・取り扱い説明書ダウンロード
  • お見積資料ダウンロード

会社情報

所在地

株式会社富田化成

〒495-0001
稲沢市祖父江町祖父江寺内194

電話 0587-97-5254 FAX 05587-97-7390

事業内容

各種FRP製品の設計・開発、製造

img